スポンサーサイト

にほんブログ村 病気ブログ 顎関節症・顎変形症へ
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
-------- --:-- : スポンサー広告 :

顎口腔機能診断

にほんブログ村 病気ブログ 顎関節症・顎変形症へ
にほんブログ村
きっちり2週間後、病院へ行きました

顎変形症:下顎前突;上顎劣成長;顔面非対称;下顎右方偏位との事

上顎両側4を2本抜歯し、前歯の歯軸と叢生の改善を行い、上下のアライメントと歯列弓の調和が取れたらオペだそうです


前歯の歯根が短いのと左側1の歯根が黒い影となっている為、再度精査しました

その時に思い出して心当たりがあったのは、小学生の頃に過剰歯があり抜歯したことがあったのでそれを告げました。


保険治療の為、定期的に?
顎口腔機能診断と言うのをやるらしいのですが、これが意外と難しかったです

下の歯に装置をつけ、噛み合わせた状態から顎の可動域を見るようですが

先生「はい、噛んだ状態で顎前に出して~」

下の歯に付いている器具も気になり、初めての事ですから何度も口を開けてしまい少し怒られた

先生「左に動かして~開いて~閉じて~」等々の前後左右の確認をしました。

が、

先生「はい右に動かして~右に動かして~・・・」

私「動かないです。右には動きません」

先生「動かせる範囲で構わないので動かして~」

私「んぎぎぎぎ・・・」

先生「右~…右~」

無理。右には動きませんw 右に動かしてる表情はしてたが顎が動かないw 
先生、衛生士さんにクスクス笑われた

顎変形で初めから右に変形しているのでこれ以上、右側には顎が動かないのですよ

【診断結果】

骨格性下顎前突症:下顎前突・上顎後退
顔面非対称:右方

反対咬合・交叉咬合・叢生

ステージ分類IV 困難

手術計画 皮質骨骨切り、上顎骨形成術、下顎骨形成術、オトガイ形成術

でした。

矯正装置の器具を入れやすくするため青ゴムを8本入れて

最後に、再度レントゲンを撮り確認。

やはり左前歯の歯根に穴が空いているとの事で外科の先生と一緒に再度考えるようです


診察料 ¥11,510

トータル ¥29,860



関連記事
スポンサーサイト
  
2015-12-27 18:52 : 検査 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ペイン

Author:ペイン
2015年12月から治療始めました。

2018年2月手術

術後矯正中

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
9873位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
2068位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。